ピアノで弾き語りをするコツは?初めてには難しい?

      2017/02/27

79e74337f12ebf336774a078c42bd707_s

Pocket

こんにちは

ピアノ大好き高柳亮です

 

ピアノを弾いていて一回はやってみたいこと

 

それは

 

弾き語りです!

 

 

ピアノを弾くきっかけが

シンガーソングライターが歌っている姿を見て始めた

という方も多いのではないでしょうか

 

小田和正や大江千里、槇原敬之やアンジェラ・アキ

海外だと

ビリー・ジョエル、エルトン・ジョン、

ボズ・スキャッグス、ベン・フォールズなどなど

 

弾き語りは

自分の声をプラスすることにより

ピアノソロで弾くよりも

さらに自分の世界を表現できます

 

「私歌下手だから」と思っている方もいるかもしれませんが

まずは恥ずかしがらずやってみましょう!

家で一人でこっそりからでも構いません

まずはなにから?

 

弾き語りでの伴奏の基本は

リズムキープのバッキングです

歌とピアノ両方に気を使いながらしなければいけないため

どれだけ同時にすることを減らせるかが上手くなるポイントだと思います

 

やってはいけないこと

 

いきなりハードルを上げてしないこと

 

おススメできない理由

私がそれで失敗したからです

 

どうしても自分で弾き語りで歌いたい曲があって

練習を始めたのですが

自分にとってはレベルが高く

「歌いたい!」という欲求はあるのに

満たされるのは「上手くできない」という不満ばかり

 

思い入れがあるだけに

妥協点が見いだせす

 

結局

完成することなく

その曲を辞めざるをえなくなってしまいました

 

そうなってしまうと今まで好きだった曲も

聞く度にそのことを思い出して

純粋に聞けなくなってしまいました

 

そういうことが起こらないように

徐々に楽曲レベルを上げていった方が

楽しく上手くなれます

 

クオリティにしても同じで

超かっこいい弾き語りを最初から目指すと挫折しやすいです

 

まずは聞こえ方が単調で面白味がなくても

基本から積み上げていくと

自分の精神安定にも繋がります

イメージを膨らませてみる

 

音楽は目に見えませんので

聞いている人に頭の中でイメージさせることが重要になります

そうするために

まずは自分もイメージを明確にもって弾かなければ相手に伝わりづらいです

 

 

方法1 プロと共演!?

 

弾き語りをしたい曲の

原曲のライブ映像に合わせて一緒に弾いてみて下さい

自分の伴奏をバックに原曲の歌手が歌っているようにできます

なんと贅沢なことでしょうか!

 

そのグルーヴ感を大事にしながら

曲のイメージを、作った原曲の人と共有する作業をします

最初はイメージをそのままトレースしてみて下さい

 

慣れてきたら自分の色を出していただいて

自分が思うその曲のイメージ全開でやって頂けたらと思います

 

方法2 友達に歌ってもらう

 

周りに歌の上手い人がいるのであれば

練習に付き合ってもらいましょう

 

そこで大事なのは

ピアノに合わせてもらうのではなく

歌に合わせて弾いてみる

 

違う言い方をすると

アカペラで歌っている合間を縫って

たまにピアノの音が入る

そんなイメージです

 

そうやって曲に対するイメージを膨らませていきます

 

おススメの曲

 

宗教にこだわりがなければ

キリスト教の讃美歌はおススメです

伴奏の起源のようなものですから

簡単なコードですし

基礎を練習できます

 

それか

童謡もおススメです

簡単なコードで

耳馴染にのある曲が多いですし

歌いやすい歌詞も魅力的ですね

 

練習してうまくなれば

人前で歌うこともできますし

 

自分が伴奏をして皆に歌ってもらうことができます

 

人が作ったものだから歌いづらい?だったら自分で作っちゃえ

 

なんか色々やってみたけど

どうもなんだかしっくりこない

歌いづらい

そんな方は自分で作詞作曲をして歌ってみるのはかいかがでしょうか

 

最初は簡単な循環コードを弾きながらそこに歌詞をつけていきます

考え過ぎると変にこねくり回してしまうので

即興で歌詞をつけるのも面白いかもしれません

 

歌詞は本当になんでもいいんです

 

「お腹すいた。ラーメン食べたい。脂っこいのは嫌だけど」

 

これでも立派な歌詞ですし

こんな有名な曲もあったような・・・

 

とにかく自分の気分が乗るように心がけてする良いのが作りやすいですし

もしかしたら傑作が作れちゃうかも!?

 

まとめ

 

弾き語りは簡単です

それを小難しく考えて型にはまっていくと途端に難しくなります

肩の力を抜いて

「音も思考もシンプルに」が上達するコツだと私は思っています

 

 

あなたも怖がらず Let’sチャレンジ!

 - 大人から始めるはじめてのピアノ