アレキサンダー・マッジャーって? どんなピアニスト?

   

Pocket

みなさんピアノの練習はされていますか!

私が独学で勉強するに当たり

参考にしているピアニストを紹介しています

今回は

 

アレキサンダー・マッジャー

(アレクサンダル・マジャール)

~Aleksandar Madzar~

 

 

 叡智あるピアニスト

16066215439_c4bea2ff3f_o

出典:www.flickr.com

 

1968年、セルビア(旧ユーゴスラビア)ベオグラード生まれ

彼は6歳からゴードン・マチノビッチ(Gordana Matinovic)に

ピアノを習い始めます。

 

1984年にセルビアにある

ベオグラード音楽院(University of Arts in Belgrade)で学び

他にもモスクワのエリソ・ヴィルサラデス、

ストラスブールのエドゥアール・ミルゾーアン、

ブリュッセルのダニエル・ブルメンタールにもそれぞれ師事。

 

1985年、ザルツブルクのモーツァルト・コンクール、

1989年ブゾーニ国際ピアノコンクールで優勝を飾り、

1997年にはミラノのピアノコンクールにて最優秀賞受賞。

 

2007年にはアメリカリサイタルデビューである 
マイアミ国際ピアノフェスティバルを行い
商業的にも大成功をおさめました。

 

現在はベルギーにあるブリュッセルの王立フランドル音楽院で教鞭を執っています。

 

 音へのこだわり

 

彼は音楽に対するこだわりが強く

自分が十分納得の行くものでしか

録音販売の許可を出しません。

音源で発売されているものが少ないはそのためです。

 

伴奏家としての顔

 

近年はソリストでするよりも

例えばヴァイオリニストのアンソニー・マーウッド(Anthony Marwood)など

パートナーと組んでリサイタルを行うことが多くなっています。

 

彼の音楽への情熱は

深い知識でもってレベルの高い伴奏をも可能にしています。

 

 Beethoven Piano Trio No. 4 Gassenhauer 

 

 

この映像では

ピアノは出しゃばり過ぎず

かといって地味過ぎず

 

音色は

堅苦しくなく楽しさが伝わってくるような陽気な

しかし明るすぎず

森林浴しているような落ち着きも感じさせる音に私は感じます

 

もちろんソリストとしても一流です

 

Debussy Reflets dans l’eau

 

落ち着きのある音色にうっとりしてしまいますね

 

名盤

 

シューマン : ヴァイオリン・ソナタ集(伴奏を担当)

 

 

まとめ

 

アレキサンダー・マッジャー

~Aleksandar Madzar~

 

・1968年 旧ユーゴスラビアのベオグラード生まれ
・1989年ブゾーニ国際ピアノコンクールで優勝
・2007年にはアメリカリサイタルデビューで商業的にも大成功をおさめる
・王立フランドル音楽院で教鞭を執る

・ソリストよりも誰かと組んでリサイタルを行うことが多い

 

いかがだったでしょうか

世界は広い!

まだまだ素晴らしいピアニストが沢山いらっしゃいますね

 

楽しいピアノライフを!

 - ピアニスト紹介, 男性ピアニスト , , , ,