ユンディ・リ 初心者でも分かる評価とおすすめYouTube動画の紹介

      2017/03/05

Pocket

みなさんピアノの練習はされていますか!

どんな音楽も一音一音が折り重なって出来ています

つまりどんな難しい曲も分解すればただの音なんです

練習というのはその一音一音を磨く作業のことです

それさえ怠らなければどんな曲でも弾くことができますよ!

 

ご覧の記事では私が独学でピアノを練習するに当たり

参考にしているピアニストを紹介していきます

 

今回はクラシック界の屈指のイケメンといわれている方のご紹介です

 

ユンディ・リ
Yundi・Li~ 


人気に火がついたのはショパン国際コンクール

 

2000年ショパンコンクールにて中国人としては初めて

そして若干18歳にして優勝

(コンクール出場時17歳でコンクール中18歳)

 

大会は5年に一度行われるのですが

前回前々回のショパンコンクールでは

 

優勝者が出ず終わっていましたので、

待望の覇者という意味でも大いに注目されました

 

ちなみに、それまでの最年少は1975年第9回に優勝した

クリスティアン・ツィマーマン(ツィメルマン、ジメルマン)でした(当時18歳)

 

甘いマスクで日本でも人気に

 

当時はピアニスト界のキムタクとも言われ

(若い方にはわからないかも知れませんが

当時はキムタク以外にもイケメンがいたにも関わらず

イケメン、イコール、キムタクでした)

女性を中心に大人気になりました

 

端正な顔立ちで、もちろんイケメンですが

本業はピアニストですのでそちらにも

ぜひ注目して頂きたく思います

 

繊細でロマンチストな音色

繊細なタッチに表情豊かな音色

優しい聞き心地にどことなく漂う情熱

ユンディ・リがショパンと相性がいいのも頷けます

 

これだけ繊細な音を出せるわけですから

メンタルの部分でも繊細で

メンタルコントロールが難しい方かもしれませんね

スキャンダルが続く

 

2015年スキャンダルが続きました

コンサートでミスタッチが目立ち始めました

積極的にバラエティに出演し練習量が減ったのが原因だと言われており

タレント化が顕著になり「芸能人気取りか」と中国国内を中心にして批判を浴びました

また、ショパンコンクールの審査員だったのですが知人の結婚式出席のため欠席

これも批判の的となりました

 

スキャンダルが重なっただけに

キャリアにどれだけ傷がついたかは定かではありませんが

この問題がユンディ・リとって通過点となるか終着点となるか

さらに一皮むけた素晴らしいピアニストになることを願っています

 

現在の人気

 

ユンディ・リをグーグルで検索すると

ライブに行った感想というのが沢山ヒットします

 

批評は様々ありますが

これも彼がまだまだ人気だという証拠ですね

円熟期を迎えさらに進化しています

 

まとめ

 

ユンディ・リ
・2000年ショパン国際コンクールを若干18歳で優勝。中国人初の快挙
・日本でも甘いマスクで大人気に。ピアニスト界のキムタクと言われたことも
・ピアノの音色は繊細であり情熱的
・近年は運悪くスキャンダルが続く

 

いかがだったでしょうか

ユンディ・リもピアノがいきなり弾けたわけではありません

顔が良いからといって

ピアノを触った瞬間にうまくなったわけではありません

 

専属のコーチに教わりながら一日何十時間もの練習をしたうえで

あの音が奏でられています

 

幼いころからずっとそのような調子だと

たまには羽目を外したくなる時もあるかもしれませんね

 

皆さんも楽しいピアノライフを!

 - ピアニスト紹介, 男性ピアニスト , , , ,