効率よくピアノがうまくなるには?どう練習したらいい?

      2017/02/27

76f8364e5578c1482bfe77701589965e_s

Pocket

こんにちは

ピアノ大好き高柳亮です

 

ピアノを弾く誰しもがもっている質問

 

それは

 

どうやったら効率よくピアノが上手くなるか

 

 

人間の寿命は有限です

効率よく練習して

有意義な時間を過ごしたいですよね

 

そんなあなたのために

効率がよくなるヒントを紹介していきます

 

 

ピアノが大好きであること

 

まずはピアノが好きであること

嫌いだと拒否反応が出てしまい

モチベーションが下がって

嫌だとか

やりたくないとか

負のイメージが頭の中に浮かんできやすくなり

それが悩みに変わって

考え込んでしまい

効率は下がります

 

好きこそ物の上手なれ

 

ということわざがあります通り

仮にピアノの才能がなくても

大好きで毎日練習していれば

 

ピアノに関しては神が与えた才能をもった天才だが

たまにしか練習していない人に対しても

 

時間はかかりますが必ず天才よりうまいピアニストになります

いわゆる努力の天才型タイプです

 

天才は先行逃げ切りタイプが多く

人よりちょっと先にいるからといって

そこで調子に乗り練習をさぼって

落ちていく人が多いので

それを横目に見ながら悠々とピアノを弾いているのが理想ですね

 

逆パターンの方もいる

 

世の中には色々な考え方の人がいます

ピアノは大っ嫌いだけど

嫌いな人がうまくピアノを弾けていて癪だから

アイツより上手になって馬鹿にしてやると

執念と反骨精神で上手くなる人がいます

 

自分はどのタイプかを見極めることができたら

もっと効率を上げることができます

 

独学で練習する場合の注意

 

独学でやる場合特にずれていきやすく誰も指摘するものがいないため

本人が気が付かない限りどこまででもずれていきます

適度に客観的に自分を見る時間を設けて

メンテナンスしましょう

 

目的をもって練習をする

 

一つの曲を完成させてから次の曲をする

 

掛け持ちで何個も練習すると集中力が分散されて

まるで器用貧乏のようになってしまいます

一つ一つ丁寧に完成させた方が効率が良いです

 

今は上手くないからといってくよくよしない

 

どれだけ不満を言おうが喚こうが泣こうが上手くなりません

当たり前です

上手くなる動作を一切していませんから

くよくよする暇があるのであれば一秒でも長くピアノに触れている方が

上手くなります

 

感情のエネルギーを変換する

 

私は腹が立った時は怒りに任せてピアノを弾くことがあります

これは怒りのエネルギーを練習に変換して利用するためです

漠然と怒っているだけだったらもったいないですよ

 

ピアノとは適度な距離を保つ

 

のめり込みすぎず

 

触らなさすぎず

 

それが効率の良い付き合い方であり

細く長くピアノを続けるコツです

 

私の場合、性格が熱しやすく冷めやすいので

一気にやってのめり込み

途中で急に熱が冷めて飽きてしまい

完成しないまま捨ててしまう癖があるので

そういう人はすごく損してますよね

 

時にはピアノから離れ勉学に励む

 

効率を良くするには地頭の良さも大事になってきます

それは音楽以外の語学であり

物理であり

思考力や頭の回転を早くしたいですね

 

 

音楽の各パートの楽器を一度は触れてみる

 

ポップスの場合は

できるできないにかかわらず

ギター、ベース、ドラムに一度は触れてみましょう

 

ギターはピアノと違い

コードの転回がピアノよりも限られていたり

例えばCのコードを弾いたとしても

ピアノと違い複雑に音が混ざっているらしく

そこがギターの魅力になっています

などなど

 

各パートの音の出し方や役割を知っておくと
楽曲に対して効率よくアプローチできます

 

まとめ

 

効率よくピアノを上手くなるには

 

頭を使って事前に計画を入念に決めてから
ピアノに座ってからは何も考えずひたすら弾く

 

つまり

 

同時に色んな事を考えないことです

 

マルチタスクで開くとパソコンが重くなっていくように
人間の脳も同時に考えると動作が重くなっていきます

 

その少しの重さが積み重なったとき

効率のよし悪しが如実に表れてくるのです

 

ピアノの練習も大事ですが

知力も鍛え

真のピアニストになりましょう!

 - 大人から始めるはじめてのピアノ