このブログを開設したキッカケ

   

Pocket

このブログを始めようとしたキッカケ

初めまして

高柳亮です

 

私はピアノを20歳を超えてから始めました

 

子供この頃から何故かはわかりませんがピアノの音が大好きでした

別に家にピアノがあった訳ではありませんし

家族でピアノが弾ける人がいた訳でもありません

 

どの学校にもグランドピアノがあったと思うんですが

小学生の頃、鍵盤を押すと音が鳴るのが不思議で

そこから知らないうちにピアノが好きになり

音楽が好きになりました

 

いてもたってもいられずピアノを習いたいと思ったのですが

当時家庭が貧乏でとてもではないですが習わせもらえる環境ではありませんでした

 

そうして子供時代はピアノを諦めていたのですが

大人になって職場の方でピアノを弾ける人がいまして

その人のピアノ話を聞いていると

無性にピアノが弾きたくなり

そこから独学で練習を始めました

 

ピアノが好きなら向こうから寄ってくる

 

最初は肝心のピアノを持っていませんでした

その当時は買うお金もありませんでした

そこで考えたのが

 

エアピアノ

 

これならピアノがなくてもできるじゃないか!

自分て天才じゃないかと思えるほどです

 

好きな曲を掛けながらノリノリでします

・・・まあ楽しいのは5分くらいでしたね

 

根本的なところからずれていました

 

ピアノがなければどうしようもありません

知り合いに練習したいけどピアノが家にないんだと相談したところ

なんと使ってないキーボードあるから快く貸してくれるといってくれました

そこから私のピアノ人生が始まったのです

 

楽譜は見るものではなく感じるもの

 

楽譜も当初ほとんど読めませんでした

学校の音楽の時間に4拍子とか

あとは耳に残りやすい言葉フォルティシモとかアンダンテとか

効果は知らないけど聞き覚えだけはある、あとは三拍子

音楽に興味のない人と同じくらいの知識状態でした

 

 

音楽とは

 

家でキーボードばかり弾いている時期が続きましたが

なにか面白くありません

なぜか

やはりピアノは人前で弾いてなんぼです

別に目立ちたいとかモテたいとかそういうのじゃありません

まさに字の通り

音を楽しみたかったのです

音楽を同じ空間でみんなで共有して楽しみたかったのです

そう気づいた私は公民館など公共の施設を借りて

アコースティックピアノを弾いて大きな部屋で生音を肌で感じる練習をしました

 

グランドピアノを弾いてビビる

 

びっくりしたのは

キーボードとは全く音が違う

 

・・・当たり前のことを書いてすみません

 

頭ではわかっていたのですが

いざ直接となるとあまりの違いに愕然としました

 

繊細なタッチを要求されますし

音の響き方も違います

 

「生もの」ですのでピアノによって同じ型番でも音が違います

 

全てが新鮮でした

 

見ている人は見ている

 

練習するうちに上手くはないですが

見ている人は見ているみたいで

声を掛けてもらってライブに出たりしました

今思い返してみると中々ありえないことです

 

単独でミニコンサートもしたことがあります

これも思い返してみるとありえないです

 

当たり前ですがお客さんはゼロ、もしくは全員身内でしたが(笑)

 

近況

 

今はライブ活動は一休みをして家で黙々とピアノの練習をしています

 

練習曲はショパンの革命

私は滑らかに弾くことができませんが

両手の指ならしにとてもいい曲です

 

ピアノ歴は8年

年数だけは勝手に積み上がっていきますので(笑)

うまさも同じ曲線を描いてくれたらいいんですけどね

 

以上、簡単な自己紹介でした

 

 

最後に

 

このブログでは、私の視点からですが

ピアノの練習の仕方、自分に合った曲の選択方法

すぐに読めるようになる簡単な譜面の読み方など

 

私が大人から独学でピアノを練習して、

特に困ったところ

どうしたらいいか分からなかったところ

を中心に書いていけたらと思っています

 

少しでもピアノ好きの方の夢が叶いますように

高柳亮(たかやなぎ りょう)

 

 - 自己紹介