反田 恭平 初心者でも分かる評価とYouTube動画の紹介

   


みなさんピアノの練習はされていますか!

私が独学で勉強するに当たり

参考にしているピアニストを紹介しています

今回は

 

反田 恭平

~kyohei-sorita~

ピアノ界の超新星

札幌市

出典:www.welcome.city.sapporo.jp

1994年9月1日、北海道札幌市生まれ

2014年にはチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に日本人初の最高得点を獲得し主席で入学

 

本当はサッカー選手になりたかったのらしいのですが

小学生の時に手首を骨折してしまい

それがトラウマでサッカーの道は諦めてしまいます。

 

絶対音感があったためピアニストの道へ入ったそうで、

他人から見るとピアニストはうらやましいと思いますが

本人からしたら複雑な心境なのかもしれません

 

英才教育を受けていないが良い結果に

 

彼は4歳の頃から音楽教室には入っていましたが、

サッカーに明け暮れており

ピアノの練習をするという優先順位は低かったといいます。

 

英才教育というのはある意味では型にはめ込んでしまうということでもあるので

一概に良いとは思いません

(そのため日本の学校教育は秀才は生みますが天才は生み出しづらい環境を作っています)

 

そのため、型にはまり切らず

柔軟で感受性豊かな演奏方法を習得できたのかもしれません

 

 情熱大陸に出演

 

彼の活躍に更なるスピードを付けさせたのは2016年10月2日放送の情熱大陸です。

普段あまりクラシックを聞かない人達にも広く知られることになりました

 

 第9回CDショップ大賞クラシック賞を受賞

 

追い風を受けるように2017年3月には第9回CDショップ大賞2017「クラシック賞」を受賞!

選評理由

反田恭平『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/パガニーニの主題による狂詩曲』 リリース前から話題となった、昨今のクラシック音楽界を賑わす二人の若手、反田恭平とバッティストーニの共演。 冒頭の弱音からクライマックスまで、双方の持ち味であるダイナミックな音の運びと細やかかつクールな歌心に溢れた、聴かせどころ満載の1枚。後半のパガニーニ狂詩曲も、ピアノと管弦楽との熱い丁丁発止が最後まで聴き手を惹き付ける。(山野楽器 商品部 チーフMD 峯岡 隆)

出典:第9回CDショップ大賞公式サイト

 

受賞CD

 

 

反田恭平ピアノ・リサイタル全国横断ツアー

 

さらに快進撃は続きます。

6月には新アルバムリリースと

そして、7月には全国ツアーを行い

7月8日の神奈川県の川崎を皮切りに全国をまわります

 

2017年は彼にとって更なる飛躍の年になりそうですね

 

まとめ

 

反田 恭平

~kyohei-sorita~

・1994年9月1日、北海道札幌市生まれ
・本当はピアニストではなくサッカー選手になりたかった
・2017年はツアーに新アルバム発表と飛躍の年になりそう

 

いかがだったでしょうか

新鋭反田恭平今後の活躍に期待大ですね!

 

楽しいピアノライフを!

 - ピアニスト紹介, 男性ピアニスト , , , ,